SUPPORT
支援情報
支援情報公募補助金・助成金

国(文化庁等)の文化芸術関連情報〈助成金・補助金・公募・新型コロナ対策〉

・文化芸術活動への助成はこちら
・大阪府市の文化芸術関連情報〈助成金・補助金・公募〉はこちら
・ 海外での活動や国際交流活動に対する助成はこちら
・コンクール、アワード等はこちら

令和5年度 独立行政法人日本芸術文化振興会 「芸術文化振興基金」「文化芸術振興費補助金」 new!

https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/bosyuu/2022.html
  • 芸術文化振興基金:芸術の創造又は普及を図る活動、その他の文化振興又は普及を図る活動に助成します。
  • 文化芸術振興費補助金:我が国の芸術団体の水準向上とより多くの国民に鑑賞機会の提供を図る優れた舞台芸術の創造活動、我が国の文化拠点である劇場・音楽堂等が行う実演芸術の創造発信や人材養成・普及啓発等の活動、優れた日本映画の製作活動に助成します。

●募集期間:2022年11月1日(火)~ 11月15日(火)※映画分野のみ2023年5月に第二回募集あり

文化庁「ARTS for the future! 2」(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)

https://aff2.bunka.go.jp/
文化庁による、コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業。
プロの文化芸術関係団体または文化施設の設置者・運営者が行う、有料一般公開される活動に対する「充実支援事業」と、緊急事態措置等により延期・中止となった活動への「キャンセル料支援事業」の2種。

●募集期間:2022年3月28日(月)~ 10月14日(金)23:59 ※8/8発表
●対象期間:令和4年1月1日~12月31日に実施される活動
●補助金額:1団体あたり補助上限区分に応じて最大600万円~2,500万円

文化庁 地域の伝統行事等のための伝承事業(公開支援)

https://dentou-koukai.jp/
新型コロナウイルス感染症の影響により、行事等の開催が困難となっている地域の伝統行事や民俗芸能等の保存会等に対し、。技術提供や撮影機材の貸出等を行い、伝統行事等の公開を支援する。相談窓口も設置している(※)。
※2022年12月まで相談窓口を設置予定だが、保存会からの相談状況により開設期間が短くなることもある。

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)J-LODlive

https://j-lodr3.jp/
経済産業省の「コンテンツ海外展開促進・基盤強化事業費補助金」を活用した支援事業。「J-LOD(3)withコロナ時代におけるエンタメビジネスを行う事業の支援」「ストーリー性のある映像制作・発信を行う事業の支援」などの支援メニューがある。

新型コロナ対策

文化庁 新型コロナウイルスの影響を受ける文化芸術関係者に対する支援情報窓口

https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/2020020601.html
文化庁による支援策、国の融資や助成などの支援情報、支援策に関するQ&Aなど。

新型コロナウイルス等感染症対策推進室(内閣官房) 業界ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧

https://corona.go.jp/

その他

小規模事業者持続化補助金(10回目受付締切回以降については情報公開待ち) new!

https://r3.jizokukahojokin.info/
小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人を対象に、インボイス導入等の制度変更に対応するための取り組み(会計ソフト導入等)の経費の一部を補助する。補助率は3分の2。補助額の上限は、通常枠50万円、インボイス枠100万円。

IT導入補助金(IT導入支援事業者の登録申請11/10締切、応募締切はHPをご確認ください) new!

https://www.it-hojo.jp/schedule/
中小・小規模事業者等に、インボイス制度も見据えた会計ソフト等の購入費、クラウド利用費、ハードウェア購入費等を支援。補助率4分の3以内。